今日は青森県の津軽鉄道のストーブ列車に乗りに行きます。
仙台からはやぶさ95号に乗ります。
車窓からは駅前が見えます。6時40分発。
012
何故か仙台駅で売っていた北陸なおにぎりが朝食。
013
 9時過ぎに新青森に到着。
015
在来線にはJR北海道の特急が停車中。
017
私は普通列車でまず川部へ向かいます。
クハ700-4
 019
川部到着
023
川部からは五能線で五所川原へ向かいます。
キハ48-1540
車窓は雪のリンゴ園があちこちに見えました。
021
五所川原到着。
乗り換えが7分しかないので、駅の外へは出ず
そのまま津軽鉄道のホームへ。
DSC00046
走れメロス号が発車待ち。
DSC00047
ストーブ列車!
DSC00050
タイムスリップしたかのような光景。
DSC00051
10時22分発の走れメロス号に乗車。
車内ではアテンダントさんのいい感じの津軽弁のアナウンス。
思わず和みました。
お客さんからの問い合わせには標準語で答えていたので
観光客向けにしゃべってるっぽい。
車内には本が置かれています。
DSC00059
白鳥が見えました。後で乗るストーブ列車のアテンダントさんによると
北へ帰っていくので数日間で数はだいぶ減ったそうです。
冬に群れで飛んでいる光景がすごく綺麗とのこと。
DSC00062
約20分の乗車で金木駅に到着、下車。
DSC00078
DSC00072
タブレットの交換!
DSC00076
メロス号に引かれたストーブ列車が入線。
DSC00084
DSC00094
懐かしい台車。
DSC00091
ストーブ列車なので煙突がついています。
DSC00095
次の列車まで1時間以上あるので金木駅を出ます。
DSC00097
7~8分歩いて太宰治の生家、「斜陽館」に到着。
大地主だったようでかなり大きな家です。
内部は和室と豪華な洋間があり、かなり裕福な家であったことがわかります。
太宰ゆかりの品々も展示され見応えがありました。
DSC00104
DSC00105
街中にはメロス坂通りなるものまで。
DSC00110
金木駅に戻りました。
鉄道グッズが展示。
DSC00116
ロッド式のディーゼル機関車は整備中。
ちょっと残念。
DSC00117
硬券の切符を買い、12時10分発のストーブ列車に乗車。
乗車券とストーブ列車券が必要です。
車内は思ったより空いていました。
ストーブ前の席にも座ることが出来ました。
ストーブはかなり暖かかったです。
DSC00125
DSC00129
かなり懐かしい車内。アテンダントさんによると地吹雪の日は
木製の窓なので雪が吹き込んでくるそうです。
アテンダントさんにはいろんな話を聞かせて貰いました。
DSC00133
車掌さんが慣れた手付きで石炭をくべていきます。
DSC00136
沿線の農業高校の生徒さんも法被を着て乗車。
実習を兼ねて学校手作りみそを使ったドーナツを販売していました。
終点まで話し相手になってくれました。
終点の津軽中里では、農業高校と一緒に開発した食べ歩き用の
焼きそばをオバちゃんが販売しているとのこと。
お腹すいてきたので買ってみよう。
DSC00139
のどかな車窓。
DSC00142
終点の津軽中里駅に到着。元スーパーと一体の駅です。
空いたスペースは土産物販売や休憩スペースになっていました。
DSC00147
線路はここでおしまい。
DSC00154
オバちゃん達がいました!
焼きそばはありませんでしたが、おにぎり、アップルパイ、「けの汁」を販売中。
野菜が沢山入った「けの汁」がとても美味しい。
おにぎりもアップルパイも全部買いました。
034
最北端の私鉄の駅。
降車時にアテンダントさんから「最北端証明書」を貰いました。
DSC00158
あいだみつを風な手書き駅名標がどの駅にもあります。
DSC00159
20分位の停車なので再びストーブ列車に乗り込みます。
DSC00163
DSC00182
メーテルと鉄郎が座ってそうな座席。
DSC00178
静かに出発。
DSC00185
桜で有名な芦野公園。
DSC00190
木製の窓枠がいい味出してます。
きっぷも硬券で記念としてかなり嬉しい。

日本酒は車内販売のオバちゃんから買っちゃいました。
するめとセットも考えましたが、寝不足の今飲んじゃうと
今日一日が終わりそうなでので夜に飲みます。
DSC00192
金木駅で対向列車と行き違い。
DSC00197
国鉄時代のプレート。
DSC00200
懐かしい網棚。
DSC00227
綺麗な山が見えます。
DSC00209
嘉瀬駅に到着。
DSC00211
変な落書きのディーゼルカーが放置。
TV番組の企画で書いたらしいけど元に戻して欲しいな。
DSC00214
DSC00215
DSC00222
田園風景の中、ゆっくりと走る列車は静かに津軽五所川原に到着。
構内には古い車両が置かれています。
DSC00239
元西武の電車らしいです。戦前の車輌では?
DSC00246
ラッセル車、キ100?
古い車輌が留置されていますが、これを綺麗に整備して観光資源にして欲しいな。
でも費用がかさむし地方私鉄では厳しいのかも。
DSC00250
使われていなかった2両目のストーブ車輌が
次の団体さん用になっています。
DSC00266
ホームの貨車を倉庫として利用していました。
これも木製の貨車。
DSC00268
懐かしい感じのホーム。
DSC00272
機関区。
DSC00277
ここに機関車が!
DSC00278
跨線橋から見た津軽五所川原駅全景。
DSC00287
JR側の駅には「ねぷた」が飾られています。
DSC00288
津軽五所川原駅。
DSC00295
手書きの時刻表。
DSC00299
北陸鉄道にもいたケロちゃん。
私鉄のマスコットキャラクターのようです。
DSC00301
津軽鉄道の本社。一階は喫茶店とお土産物売り場。
「ストーブ列車 石炭クッキー」を買いました。
DSC00304
JRの列車まで2時間程あったので近くの「立佞武多(たちねぷた)の館」を
見学することにしました。
042
高さ22mの巨大ねぷた。生で見るとびっくりしました。
青森、弘前と全然違う背の高いねぷたでした。
時間つぶしのつもりで入りましたが、見応えありました。
DSC00332
金魚のねぷた。
DSC00359
五所川原からJRで弘前まで移動。
キハ40-527
047
側面には懐かしいサボが。
043
弘前駅。
050
弘南鉄道発車後のようで車輌はいませんでした。
051
30分ごとのパターンダイヤ。
058
隣の商業施設と弘前駅。
「アプリーズ」も特産のアップルから命名?
053
構内の巨大りんご。
059
JRの快速で青森へ移動。
あと1時間待てば「リゾートしらかみ」が来ますが疲れと眠気で断念。
クハ700-15
060
青森駅到着。
061
066
青森駅前。
069
夕食は「味の札幌 大西」さんで味噌牛乳カレーラーメンにチャレンジ。
何度か青森には来たことがありますが、初めて食べます。
確かにカレーと味噌ラーメンとまろやかな牛乳の味わい。
思ってたよりかなり美味しいです。
普通盛りでしたが腹一杯になりました。
067
昼買った日本酒は飲むまでもなく、疲れていたのでホテルで即爆睡。
今日は念願の津軽鉄道に乗れたので非常に楽しかったです。